医療脱毛とサロンの脱毛の違い

医療脱毛とサロンの脱毛の違い

医療脱毛以外でも脱毛が出来るサロンもあります。しかし、医療機器を使ったレーザー脱毛、そして、針脱毛が出来るのは有資格者がいる医療機関と原則的に決められています。中には医師法に抵触するレベルの針脱毛などを行っているところもあるので悪質なサロンには注意した方が良いです。厳密に言うと人体に針をさすというのは、医療行為です。医師免許や鍼灸師の免許が無ければ行えません。感染症の恐れもあるので、法を順守しないところは医療機関でも止めましょう。たまに医師は名前のみというところもあると聞きます。

昔は医療脱毛ではなくふつうのサロンもメラニン色素に反応するレーザー脱毛もしていました。しかし、知識不足で熱傷等のトラブルが起き、医師法違反等で、検挙されることも多かったので、国家資格保有者から懸念の声が上がったのです。そこで、医療レーザー脱毛は医療機関が行うことが多くなったのです。普通のサロンでも出力を法規ぎりぎりまで落とせばいいのですが、そうしますと時間がかかってしまいますので、もっとコストが安い光脱毛や固めて毛を抜くワックス脱毛などを行っています。

これは医療脱毛より持続期間が短く毛の奥の組織を根本的に破壊しないので、何回か通う事が必要となります。長時間効果が持つことが望ましいなら医療脱毛ですが、脱毛サロンの脱毛が意味がないということではありません。どういうニーズがあるかはその人次第です。自分に合ったものを選ぶのがいいことですから、それを考えていきましょう。

関連記事

  1. 毛周期と医療脱毛
  2. 実は無駄毛などない
  3. 診療科はどこか
  4. 医療脱毛のデメリット
  5. 医療脱毛のメリット
  6. 医療脱毛の種類
  7. 医療脱毛をしてみたい