医療脱毛のデメリット

医療脱毛のデメリット

医療脱毛を受けられるなら受けてみたいけれど、躊躇してしまう。こういう気持ちが情報を見ていて出ることがあります。医療脱毛は脱毛が完了すると、体毛が生えてきません。一種の損傷を受けることになります。体質で皮膚の再生能力がないので、体毛の復元もできない人もいます。

後は、痛みを感じることができない体質の方もいます。当事者です。痛覚が人より鈍いので、怪我をしても痛いという感覚がありません。一見医療脱毛の針脱毛など痛みを感じるものは向いていそうですが、施術中に何かあっても気が付かないという落ちがつきます。こういう方は要注意ですね。医療脱毛は皮膚状態の把握をして行いますが絶対に炎症を起こさないとは言えません。傷の治りが弱い方は用心した方がいいですね。アフターフォローが出来るところにしましょう。

また、費用がやはり高額になることもネックです。最近はリーズナブルなところが多いのですが、やはり全身脱毛等はそれなりの価格になります。費用面では脱毛サロンが一回当たりの値段が安いです。自家処理で脱毛器やワックス、除毛クリームなどを使っていく方がコストは短期的には安いのです。

特に医療脱毛はクリニックが開いている時間が決まっていて何回も通う必要があります。即効性がないのがネックです。除毛クリームは効果の持続期間がそう長くはないのですが、急いでいる場合はお風呂場で使えますので、急ぐとき、お金がない時は有用です。そういうことも考えておきましょう。

関連記事

  1. 毛周期と医療脱毛
  2. 実は無駄毛などない
  3. 診療科はどこか
  4. 医療脱毛のメリット
  5. 医療脱毛の種類
  6. 医療脱毛とサロンの脱毛の違い
  7. 医療脱毛をしてみたい