診療科はどこか

診療科はどこか

医療脱毛はどの医療機関で受けられるのでしょうか。実は法的にはどの診療科の医師でも行えます。医師免許には診療科の規定がありませんから。しかし、医療脱毛と他の病気は違います。多毛症という体毛が濃くなる病気があります。この病気でも、1部の治療は保険対象外です。病気というのは、その事象が異常であって、肉体的、精神的、及び社会的に損害があって、そして治療をしないと死やそれに準ずる状態になることです。医学的に言いますと異常というのは変ということではなく本当はこの数値や状態が標準なのに逸脱しているということです。

無駄毛が濃いという場合、内臓やホルモンバランスがおかしい場合は保険適応、そのほかは保険が適用されません。ただ単に体毛が濃くて死んだ人はいないからです。まあ、あまりに濃くていじめや差別、そして恋人から振られるようなことがあった場合は苦痛ですが、それは関係性の問題で肉体の問題です。医療脱毛が高額でも助成費が出ないのはみんな体毛が生えているからです。

そのため、医療脱毛は通常の病気とは違って美容専門のクリニックが行います。診療科は様々ですが、美容外科や美容皮膚科が多いようです。他の診療科、例えば審美歯科などもあり、美容を総合的に見るクリニックもあります。手法も針脱毛、レーザー脱毛、単体ではなく白い毛が混じった場合はレーザーと針脱毛両方の医療脱毛を選ぶなどすることができることもあります。診療科ではなく自分がしたい脱毛を選ぶのが良いのです。

関連記事

  1. 毛周期と医療脱毛
  2. 実は無駄毛などない
  3. 医療脱毛のデメリット
  4. 医療脱毛のメリット
  5. 医療脱毛の種類
  6. 医療脱毛とサロンの脱毛の違い
  7. 医療脱毛をしてみたい