実は無駄毛などない

実は無駄毛などない

私たちが俗に無駄毛と呼んでいるものは、実は必要があって生えているものです。もともとは環境に応じて皮膚が変化したものが体毛です。私達日本人は体毛が黒っぽいですが、これは温帯の紫外線に対応するためのものです。紫外線は皮膚がんの要因になりますが、その刺激をカットするのに毛が生えてきます。無駄毛も実は、必要なものということなのです。乾燥や摩擦も防ぎます。因みに埃っぽい場所にいますと、体毛が濃くなると言われています。鼻毛などがそうで、菌や異物が体内に入らないようにしています。

医療脱毛をした後は、アフターケアが必要となります。それは肌の保護機能が無くなるからです。逆に言いますと足りないものを補えば、医療脱毛などをしても大丈夫な可能性が高いということです。私は医療脱毛は体質によって無理なのですが、摩擦の少ない電気シェーバーでうなじ、襟足、鼻下、手、デコルテ等を剃っています。こうした部位は日焼け止めも使いますし、肌を覆う服が多いので、体毛が無くても大丈夫です。

剃った後はたっぷり化粧水で保湿してから、少しいいアルガンオイルや、シアバター等で脂を補給します。こうすると、肌色がワントーン明るくなりますし、化粧のりも良くなります。ただ、医療脱毛とは違って毛穴は無くならないので、目立つ場合は化粧下地の色の濃いものを塗っています。医療脱毛の方が綺麗に仕上がるのは言うまでもありません。ケアの仕方もクリニックで教えてもらえます。

関連記事

  1. 毛周期と医療脱毛
  2. 診療科はどこか
  3. 医療脱毛のデメリット
  4. 医療脱毛のメリット
  5. 医療脱毛の種類
  6. 医療脱毛とサロンの脱毛の違い
  7. 医療脱毛をしてみたい